やっぱり欲しい憧れのマイホーム

やっぱり欲しい憧れのマイホーム

やっぱり欲しいマイホーム

やっぱり欲しい憧れのマイホーム
人生の中での最も大きな買い物として、マンションや戸建てなどのマイホーム購入が挙げられます。
新築から中古まで1000万単位の金額が動く、大きな買い物です。
もちろん、賃貸の部屋でも十分快適で、家族みんなが戻ってくることのできる場所があればそれだけで幸せといえるでしょう。
それでもマイホームの購入を考える家族は後を絶ちません。
加えて敷地を確保できる郊外の地域であれば多くのマイホーム希望者は戸建てを夢見ることでしょう。
自分たち家族だけが所有できる空間というのはパーソナルスペースを持つ人間にとって魅力的で安心できるものだと思います。
ひとつの独立した建物、その中に住むのは自分の家族のみです。
隣に家があってもそれなりに距離が保たれ、生活音やプライバシーもコントロール出来るイメージがあります。
また、自分たちで間取りを考え、自分たちの好みや快適さを一から作り上げることは、家族全員のワクワクでもあり達成感さえ味わうことになるでしょう。
マイホームは「夢」というキャッチフレーズがよくつきますが、まさにその通りなのです。
また、家を購入することで戻ってこない家賃の払いっぱなしをやめてしまおうというケースもあります。
そしてもうひとつ、一戸建てが賃貸と違い魅力があるところは、それが個人の不動産価値を生むという点にもあります。
土地と家、これらはそれぞれに価値があります。
つまりは自分の財産になるということです。
賃貸は家賃を払い終わるとそのあとには何も残りませんが、自分たちで建てたものは金額を払い始め、支払いが完了してからもそのまま所有し続けることとなり、いざというときには売ることができます。
つまりは家族の住まいという場所の役割だけでなく、家は財産という役割を担っているのです。
もちろん、自分の家を所有するということはメンテナンス費も必要になり手入れをまめにやらないとすぐに劣化をしていきます。
現状維持は手間がかかりますし、固定資産税も納める義務が出てきます。
色々な考慮すべき項目が潜んでいますが、自分の持ち家、想像するとやはりワクワクします。

注目情報

Copyright (C)2016やっぱり欲しい憧れのマイホーム.All rights reserved.